【連続リリース】希う【Vol.6】

いよいよ年末ですね。
Finally the end of the year.

本日は、ディスペン始動がしてからちょうど2年、そしてメンバーのヲタファの誕生日です。
Today is just 2years that our band started and wotafa’s birthday!!

そんな記念すべき日にお送りする今回の曲は… ディスペン二度目となる壮大なバラードです。
The memorable day’s song is the second spectacular ballad.

一作目の未読とは違うディスペンワールドを感じてください。
We would like you to sense our world which difference of first ballad”Unread”.


【希う】こいねが‐う

《動詞》強い期待や望みを持つこと。願い求め、渇望すること。

 

 

「希う」/「KOI-NEGAU」

作詞 / 作曲:赤岩雅紀 Lyrics / Music:Masaki Akaiwa

「希う」歌詞-Lyrics

★iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/xiu-single/id1066115288

★視聴

希う
This is a PEN.
ロック
¥250

 

<iTunesで購入できない場合>

以下のリンクよりご購入可能です♪ (1) music.jp ? 希う(KOI-NEGAU) http://music-book.jp/music/Artist/537256/Music/aaa43czu

(2) WhaMit通販サイト(DL時にPC必須) http://shop.whamit.jp/products/list.php?category_id=11

 

 

 

解説:

最初この曲の作詞を任せていたのはKEITOだった。

しかし、曲を聞いた彼から「雅紀くん本人が詞を書いた方がいいんじゃないか」と奨められた。

詞を書くにあたって、自分にしか書けないことは何かを考えた。

いわゆる恋愛など「あるあるネタ」ではなく、共感よりも深いものを…

あの空白の時期のことを書こうと思った。

恐らく共感など出来ないかもしれない。それでももし、僕が出来ることとしたら、同じ境遇であったり、それを支えるひとをそっと励ましてあげることだと思う。

少しでも生きる希望がみえますように。 僕がみたように。
(赤岩雅紀)

 

 

Commentary:

At first, I entrusted lyrics to KEITO.

However, he said that “Masaki will be better make lyrics”.

I considered what is thing I can write by myself. No a common story like the love for example. More deeper than empathy.

I came up that I will write about the time of the blank.

You may not be able to sympathize. But if I can do anything, I will be able to encourage people who have same circumstances and support them.

I wish that you will find HOPE even a little.

As I have seen. (Masaki Akaiwa)

英訳:Erica

配信は以下サイトでも行っています。

配信サイト

配信曲の感想は #thisisapen をつけて Twitter などで呟いてくださいね。

We want you to tweet your impressions with #thisisapen on Twitter! Follow @Thisisa_PEN Tweet #thisisapen